2011年2月19日土曜日

私は気に入った本を鉛筆で線をつけながら何度も読む。
一度読んであまり心に響かない本はブックオフ行き。
なので、あまり本は溜まらない
写真の 和の抽象 ー日本にこそ真の抽象絵画を育む風土があるー
は今回3度目。
自分の体調やモチベーションなどで心に響く箇所が違ってくるので、本には線がびっしり引かれている。本にはよくない事だろうと思うが、線を引かないと忘れてしまうからだ。
それをノートに書き留めるまでが私の読書の仕方。

この本は気持ちの整理や、基本的な思考の整理に読んでいる。
とても分かりやすく、丁寧な解説。400ページほどあるので、少々重たいが、
電車の中や、スタバで読んでいる。
今回心にとまった箇所を次回にお知らせしますので、お楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿