2011年3月8日火曜日

Ink art

アートとしての書について。
それは、文字工房•素(shiroki)の商業的に書かれた文字の対極にあります。
私がライフワークとしているアートとしての書作品(Ink art)は、文字を主体としたものではありません。文字の持つ「意味」が強く前へ出てしまうからです。
文字を主体とし創作から発展した作品は、微妙に文字の形を残し、作者も文字を意識します。
それを狙った作家も数多くいらっしゃいますが、私の作品では頭で考える要素は極力取り払いたいと願い、このような手法に辿り着きました。

気配、余韻、五感、色気、等々感覚的なものを感じる作品を創りたいと日々奮闘しています。
それは今まで培ってきた書の道だけでは容易に進むことができません。

0 件のコメント:

コメントを投稿