2012年8月10日金曜日

400字の隷書

以前ご縁があり、中華料理店の装飾書を揮毫しました。
400字の隷書
1枚書くのに時間にしてたしか3時間は掛かっていたと思う。
途中で間違えたり、文字が抜けたりして何枚も書いた中の仕上げの1枚。
あの時は無性に字を書きたかったな〜
でも今は無性に絵が描きたい



0 件のコメント:

コメントを投稿